富貴蘭 落札相場

富貴蘭の落札相場

富貴蘭をインターネットオークションで上手に購入する上で重要となってくるのは、落札相場を知るということです。落札相場を知らずして、そんなに出さなくてももっといいものを手に入れることができたにの…とあとから後悔する前に、最初に落札相場を調べてから購入する必要があります。
富貴蘭には様々な品種があります。その中でもやはり人気が高いものから人気の低いもの、それもまた様々です。落札相場としては、やはり、人気の高いものの方が落札相場の価格も高くなってくるのは当然のことですよね。そして、レアな商品ほど、高く高くなります。昔から人気のある富貴蘭ですが、江戸時代から、1980年代まで、富貴蘭の価格というのは葉1枚幾らという簡単な計算で決められていたそうです。しかし、そんな中でも、葉の具合や花の具合などで価格に変動も出てきてしまいますが、基本的には葉1枚幾らという決め方だったようです。しかし、インターネットオークションでの値段というのは、やはり人気ひとつで決まってしまいます。まずは人気の品種を知り、色々情報を集めた上で入札し、購入という順番を守ってやってみた方が無難でしょう。損することなく、富貴蘭を楽しんでください。

富貴蘭 落札相場

富貴蘭の落札相場を知る

オークションサイトなどで、富貴蘭を落札したいとすると、落札相場を知ることが第一なのです。その落札相場を知ることにより、質がよく、そして安い品物を手に入れることができたら最高でしょう。
落札相場と言っても市場価格であることに変わりはありません。そこで、人気や好みによって大きく変わってくる落札相場ですから、まずはその意識に合わせてみることによって、予測しやすくなるのではないでしょうか。
人気はどうやって決まってくるのか、それは、口コミであったり、雑誌で掲載されているものであったりと様々ですが、まずは注目されているものを知るということが大事になってきます。富貴蘭にも様々な品種がありますから、人気が高いものからそうではないものまで、落札の相場は様々です。人気の高いものほど落札相場は高いものですよね。その流行に耳をかたむけるということが大事になってきます。
まずは、ネットで人気を確かめ、購入目的ではなく、落札相場を知るといった意味で調べてみることです。落札相場は需要が高ければ高いほど値段も比例して高くなってきます。何度も言うように、まずは、落札相場を知ることからはじめてみてください。

富貴蘭 鉢

富貴蘭の鉢

美しい富貴蘭をこれから育ててみようという方も、中にはいらっしゃると思います。よい富貴蘭を選ぶというのも重要ですが、どんなをしようしたらいいのか、ということも重要になってきますよね。
まず、富貴蘭の培養に向いているのが、「素焼き鉢」です。この鉢は水分が乾きやすいし、苔が生えてきたりして見栄えが悪くなるという欠点はあるものの、培養には向いているのです。こまめに手入れしてあげましょう。値段も安いので、初心者の方には向いている鉢ではないでしょうか。大穴のものを選び、3号ほどの大きさの方が程よく水を保ってくれますので、育てるにはいいでしょう。
そのほかには「プラ鉢」。この「プラ鉢」にも、穴の多いものと、穴が少なめのものがあります。この穴の多い「プラ鉢」は乾きずぎになりやすいため、注意が必要です。しかし、日陰の環境で育てる場合には向いている鉢だと思います。穴が少なめの「プラ鉢」は基本的には中空植えで植えるのに向いています。水持ちは普通です。「素焼き鉢」より、雨の時期に乾きにくいのでいいと思います。
ひとことに鉢といっても、色々な鉢があります。その植物によくあったものを選んであげることで、見た目も、成長もかわってきます。

富貴蘭 鉢

富貴蘭に使用する鉢

富貴蘭の栽培において、重要となってくるのが選びです。見た目にしても、使い勝手にしても、よい鉢を選ばなくてはなりません。
富貴蘭栽培に向いている鉢とはいったいどのようなものなのでしょうか。一般的に用いられるのが、「素焼き鉢」ですね。値段もお手ごろです。富貴蘭とは小型の植物ですから、そんない大きな鉢は必要ありません。小さいもので、2,0号のものなど使用するとよいでしょう。しかし、富貴蘭の中でも大型の品種もありますから、その場合は大きさを見ながらその富貴蘭にあったものを選ぶようにしましょう。
価格はだいたい、2,0号のもので、10枚600円程度で購入できます。その際には必ず大穴のものを選びましょう。
見た目もよく、育ててみてくださいね。
他にも、少し高さのある「ラッパ鉢」というのも、かわいらしい鉢です。価格は、「素焼き鉢」に比べて、上がってしまいますが、この「ラッパ鉢」で栽培してみても楽しめそうですよ。そのほかには、上級者向けという感じになってきますが、「京楽焼」という鉢があります。これは「京楽焼」での富貴蘭専用がありますので、探してみてください。価格は少し高いですが、味があって、富貴蘭はひときわ引き立ちます。

富貴蘭 満月

富貴蘭の満月

最近若い人の中でも人気の高い「富貴蘭」ですが、なぜそんなにも愛好されるのでしょうか。そもそも富貴蘭が愛好され始めたのは、江戸時代とされています。当時の11代将軍徳川家斎がこよなく愛好したのが、この富貴蘭なのです。その花姿といい、甘い香りといい、当時からとても人気がありました。現代においても、その根強い人気はとどまることを知りません。毎年のように新しい品種が生み出され、見るも美しい富貴蘭はとても人気があるのです。
その中でも「満月」という品種をみなさんはご存知でしょうか。特徴としては、葉幅があり、その葉肉は厚い姫葉であり、そのことから、「富貴殿」と夫婦品種といわれています。「富貴殿」とは、富貴蘭の中でもその名のとおり、代表的な富貴蘭の品種であり、人気も高いものです。そんな「富貴殿」と夫婦品種の「満月」は後冴えの黄大覆輪で、白く糊を引いたような感じであり、斑と緑の境目がはっきりしません。3本立ちくらいの方が見栄えよく見えるのではないでしょうか。夫婦品種である「富貴殿」とどちらが好きかは好みによるでしょう。派手めのものは価格は安いのですが、どちらかというと育てるのも大変なので、さけたほうが無難でしょう。

富貴蘭 販売

富貴蘭販売の価格

富貴蘭は人気のある植物なので、その販売の価格も高価になってしまいがちです。富貴蘭と一言に言っても、色んな品種があり、人気もまた違ってきます。多くの品種は人気と需給に左右される相場制の高い園芸なのです。富貴蘭の販売の価格は人気に左右されるわけですから、不変ではないのです。値段だけにとらわれてしまうと価格の変動によって一喜一憂することもあるし、そのことで富貴蘭という原点を見失ってしまうことにもつながってくるわけです。
様々な品種の富貴蘭が次々に生まれ、人気が上がっては落ちてゆくという富貴蘭もありますが、中には昔からの人気を保ち、現在に至っても大変根強い人気を維持しているという品種もあります。
人気がなくなったからといって、その富貴蘭自体の価値が下がるというわけではありません。むしろ、販売の価格も安くなり、逆に言えば手に入れるチャンスなのかもしれません。富貴蘭の芸を楽しむのは自分自身なわけですから、自分が気に入ったものがすべてなのです。バニラのような甘い香り、そして、それぞれ違った芸を持つ富貴蘭。この富貴蘭を手に入れるのも、そう難しいことではありません。自分好みの富貴蘭を探してみましょう。

富貴蘭 通販

富貴蘭を購入するには通販

着生蘭であるフウランの変異品種、富貴蘭はとても人気のある蘭です。見ごたえのある葉や花は観賞用としても優れていますし、甘く、バニラのような香りを放つ花はとてもよい香りが楽しめます。
古くは、江戸時代の前からこの富貴蘭は人々に愛されてきました。徳川幕府の頃には、大名行列の籠につるしたりだとか、11代将軍徳川家斎がこよなく愛したとされる蘭でも有名です。高貴な人々に愛された蘭でもあるのです。
日本蘭なので、乾燥にも強く、コツさえつかめば簡単に栽培できてしまうことから、現代においても、とても人気のある蘭なのです。
では、どうやってこの富貴蘭は手に入れることができるのでしょうか。一般的には、園芸店に足を運び、気に入ったものを購入するということでしょう。しかし、実際にはこの富貴蘭を扱っている販売店はとても少ないのが現実なのです。ですから、この富貴蘭を扱っている園芸店が、お近くにない方は、通販で購入するという方法がよいでしょう。通販の場合は、野性蘭や蘭科植物を扱っている園芸雑誌の広告を見てみるのが一般的な入手方法でしょう。しかし、最近では、こんな広告だけでなく、インターネットで簡単に通販できてしまう場合も多いようです。

富貴蘭 販売

富貴蘭の販売

富貴蘭とは、数ある日本蘭の一種で、木に着生する蘭のフウランの変異品種のことです。この富貴蘭が富貴蘭として認められるまでには、厳しい審査もあります。その富貴蘭は、「日本富貴蘭会」で審査されます。そもそも、富貴蘭の由来は、さかのぼること江戸時代、11代将軍徳川家斎が愛好していた蘭で、その当時から、この蘭は高価なものでした。高貴な人々に愛された蘭だから富貴蘭。納得のいく由来です。富貴蘭は主に園芸店などで販売されていますが、固体変異に対する強い好奇心から、斑入りなどの変わり植物が愛されるようになり、フウランの変異種である富貴蘭などの変わり植物は高価にて取引きされたので、“お金の成る延喜の良い植物”となり、そのことから、延喜草とも言われ、いまだにその文化的な伝統が受け継がれているのです。
富貴蘭は高価だというイメージが強いのですが、低価格でお手ごろな富貴蘭も中にはあります。販売している園芸店に問い合わせてみてもいいですし、販売している園芸店に直接足を運び、そして直接目で見てみるのもいいかもしれません。自分好みの富貴蘭との出会いがあるかもしれません。ただ、富貴蘭を取り扱っている販売店は少ないというのが実情のようです。

富貴蘭 通販

富貴蘭を通販で

日本の野生蘭の中にフウランという蘭があります。フウランという蘭は着生蘭の一種であり、山奥の岩や古い木に太い根を這わせて着生しています。風を好むことから風蘭と呼ばれているようです。そのフウランの変異品種で富貴蘭という蘭がありますが、これは、「日本富貴蘭会」で審査を受け、新品種に値すると認められたものが富貴蘭として名のることのできる蘭なのです。その認定には、他の品種にはない特徴を持ち合わせているもの、ある程度の鉢数が揃っているもの、色や形や姿などの芸に持続性のあるものなど、厳しい審査があるのです。みなさんもご存知のとおり、蘭はそのものが高価というイメージが強いと思います。中にはもちろん高価なものもあります。しかし、低価格で楽しむことのできる富貴蘭も中にはあります。だいたい、園芸店にて購入するのが一般的ですが、その富貴蘭は通販で簡単に手に入れることもできます。インターネットなどで検索してみたら、色んな園芸店がありますので、調べてみるのもよいでしょう。
江戸時代には11代将軍徳川家斎も愛好した蘭として有名ですが、高貴な人々に愛された富貴蘭を是非通販で購入してみたらどうでしょうか。

富貴蘭 通販

<<前の10件  .. 3 4 5 6 7  次の10件>>



Powered by Seesaa
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。