富貴蘭 通販

富貴蘭 育て方

富貴蘭の育て方は

富貴蘭育て方、という前に、もとをたどれば野生蘭であった富貴蘭。この富貴蘭は自然界ではどのようなところで生活していたのでしょうか。着生蘭である富貴蘭は、木漏れ日があり、風通しがよく、ほどよく湿度のある中で、木にくっついて生活しています。木に寄生しているでもなく、ただ、木にくっつき、雨が降って大量の水分をとるとき以外は根も乾燥している状態で、肥料もほとんど必要ないという環境で生活しているのです。日本蘭の一種ですから、たくましい植物なのですね。このように、弱々しい植物ではないので、ご家庭で育てるのにも、簡単に育てられるのです。野生とまったく同じ環境というのは、このコンクリート社会では難しいかもしれません。しかし、家の庭でも、ベランダでも、少しのスペースで簡単に育てることができるのも富貴蘭のいいところなのではないでしょうか。小型の蘭なので、場所をとりません。風通しのよいところにおく、日にあてる、水をやりすぎない、簡単に言ってしまうと、この3つなのです。富貴蘭は花をつけると、甘く強い香りを放ちます。白や赤などのキレイな花を見ながら、香りを楽しむ。現代の忙しい毎日から開放され、癒してくれることでしょう。

富貴蘭 セット

富貴蘭のセット購入

これから富貴蘭の栽培を始めようと考えている方にオススメなのは、富貴蘭をセットで購入するということ。
風通しを好む富貴蘭ですから、鉢を選ぶにも、肥料や、土台についてもよくわからないという方であれば、セットで購入することが1番手っ取り早いやり方だと思います。セットであれは、最初から鉢に植えられている状態で届きますし、すぐに栽培を始めてもらうことができます。しかも、販売する側で初心者にわかりやすく、育てやすい品種を選んでもらえたりもします。実に多くの種類の品種を持つ富貴蘭ですから、品種選びだけでも迷ってしまいます。そんな手間を省いてくれるのもセット購入のよいところなのではないでしょうか。
また、富貴蘭栽培が上級者の方であっても、安く富貴蘭が手に入るチャンスですので、損はないのではないかと思います。最初に、持っている品種を言っておけば、同じものにならないようにと選んでくれる販売店もあるようですので、利用しない手はありません。安いものでは、5種類で6,000円からとお手ごろな富貴蘭のセットもありますし、まずは迷うことなく富貴蘭の栽培をセット購入で始めてみてもいいでしょう。何が届くのか楽しみですよね。

富貴蘭 セット

富貴蘭のセット

富貴蘭の栽培を始めたいという方、まず、何をどうやってやったらいいかわからないという方のために、セットでの販売もやっているようです。インターネットで富貴蘭のセットの検索をしてみると実にたくさんのセットがあります。セットでは、最初から鉢に植えてあるものも多いですから、安心して購入できると思います。富貴蘭の栽培には、慣れも必要です。ですから、1株だけを栽培するのではなく、たくさんの富貴蘭を相手にして、富貴蘭を育てるというクセをつけることが大事です。ですから、このようなセットでの購入ができるチャンスに最低でも5種類の富貴蘭を栽培してみてください。価格も、そんなに驚くほど高価なものでもありませんし、育て方もポイントさえおさえたら簡単ですので、やってみてください。
セットで買うと、お得な面もありますよ。福袋のように、どの品種が入っているかわからないという面もありますが、普通に購入するよりも安価で購入することができます。入門セットを買えば、比較的、育て方の簡単な品種を販売店で選んでくれますし、セットでの購入はオススメですね。そして、上級者になってきたら、自分の好みの富貴蘭を選んで購入するなどに切り替えてもいいでしょう。

富貴蘭 育て方

富貴蘭の育て方とは

富貴蘭は、小型の蘭なので、狭い場所でも楽しむことができますし、水やりも、乾いたときにやるだけなので、毎日を忙しく過ごす人にも気軽に育てることができます。育て方は、まず、素焼き鉢で水苔で芯を作るということからはじめます。すぐにキレイな鉢から栽培を始めるのではなく、素焼き鉢を使用することをオススメします。そして、先ほども言いましたとおり、水やりは1年を通じて、乾けば水をやるというのが基本です。春から秋にかけて、とくに夏は乾きやすいので、気をつけてみてあげてください。冬は休眠しますので、控えめにしましょう。そして、富貴蘭のもとの植物フウランの名が「風蘭」とあるように、富貴蘭は風を好みます。風あたりにも気をつけてみてください。肥料も基本的には無肥料で十分なのです。とても強い植物なんですね。ただ、成長期に液肥を週に1回くらいのペースで与えるといいでしょう。さらに、富貴蘭は陽を好みますので、日除けは1年を通じて、60%から80%の遮光下で栽培するのがよいとされています。富貴蘭の育て方は、このようなことに気をつけるだけで、まずうまくいくでしょう。アナタも富貴蘭のある生活を始めてみませんか。

富貴蘭 育て方

富貴蘭の育て方

富貴蘭育て方は、コツさえつかんでしまえば、比較的簡単だといわれています。富貴蘭はもともと日本の蘭ですから、乾燥には強い方なのです。まずは栽培してみましょう。ポイントとしては3点ほどあります。ひとつは「陽を好む」ということ。よく陽のあたる場所で栽培してあげてください。直射に近い方が、富貴蘭は喜びます。そして、もうひとつは「風を好む」ということ。富貴蘭は、野生のフウランの変異品種です。フウランとは「風蘭」と呼ばれるほどに、風を好む植物です。風通しのよいところにおいてあげましょう。そして最後のポイントは「多湿より乾燥」です。湿気があまりに多いよりも乾燥気味の方が富貴蘭には向いています。カラカラに乾燥するのはよくないので、ある程度は湿気も必要ですが、水のあげすぎにも注意が必要です。この3点を守ればあなたも富貴蘭栽培の仲間入りをはたすことができます。育て方としては細かくはほかにも注意点はありますが、まずはこの3つのポイントについて注意しながら育ててみましょう。自分の住んでいる環境にあわせ、富貴蘭選びや鉢選びなど、細かな点に気をつけながら選んでみましょう。美しい富貴蘭があなたの生活の一部となりますよ。

富貴蘭 紅

紅系富貴蘭

多くの種類の品種を持つ富貴蘭ですが、どのような品種があるのか、みなさんはご存知でしょうか。有名なところでは、「富貴殿」や「満月」や「扇」などがあげられます。ほかにもまだまだたくさんの種類があります。「富貴殿」や「満月」は、ゆるやかな葉がとても風情がありますよね。一方、「紅扇」のように、紅と名のつく品種は、葉や花などが紅色をしているもので、可愛らしいという印象を受けます。「紅扇」の葉には、スーッと紅が通り、とても鮮やかです。この紅をキレイに出すには、直射に近い陽を当てるということ。そして、その後には寒さにあうと、例外もありますが、キレイな紅が冴えてくるとされています。試してみてくださいね。
富貴蘭は古くは江戸時代中期頃から愛好されてきた植物ですが、その頃にはどのような品種のものが人々には愛好されていたのでしょうね。当時の11代将軍徳川家斎がこよなく愛したとされる富貴蘭ですが、今も昔も変わらない、どんな品種でも美しい富貴蘭だからこそ、こんなにも長いときを経ても愛され続ける秘訣なんですね。一般的な風貌の富貴蘭も、紅のキレイに通った富貴蘭も、どれも素晴らしいものばかりです。

富貴蘭 紅

富貴蘭の紅

園芸用として、人々に親しまれている富貴蘭ですが、その品種は実に多くの種類があります。品種改良が進み、こだわりの品種がふえていきます。その富貴蘭の品種として認められるとこをが「日本富貴蘭会」です。ここでの審査にとおり、無事に富貴蘭として認められた品種こそがみなさんが日ごろ目にしているものなのです。数多くの品種の中でも、「」と名のつく品種が多いことに気がつきます。例えば「紅雀」「紅玉の華」「紅法師」「紅化粧」「紅乙女」。どれも美しい品種です。これは葉先や花がキレイに紅の色をしているのですが、どれも美しいものです。富貴蘭と言えば、フウランを思い出しますが、富貴蘭のもともとのフウランは白い花を咲かせます。これも見事にキレイな花ですが、改良され、紅の色を持つ花も負けず劣らずきれいなものです。例を挙げた中でも、「紅乙女」は濃い紅色で、交配系ですが、見事なものです。「紅雀」は白の中に紅の色がひときわきわだっていて、かわいらしいというイメージを持ちます。富貴蘭の品種の中でも紅系はかわいらしい、女の子らしい印象を与えてくれるものですね。品種によって花の色の違いを楽しんでみてはいかがでしょうか。

富貴蘭 山野草

富貴蘭と山野草

最近では園芸用の植物として、定着している富貴蘭ですが、これは、もともとは山野草の一種でした。山野草とは、日本古来から栽培されている、野山に自生する植物や、外国の野生に咲く花や、交配種など様々なものです。そんな中で、木に着生することで有名の野生蘭のフウラン。これが最も有名な山野草と言ってもいいでしょう。このフウランの変異品種として、近年、高い人気がある植物が富貴蘭なのです。山野草とひとことに言ってもとても幅広いものになってしまいます。1970年大頃から、エコと称して、野生の植物が注目されてきました。そうしたことから、今の富貴蘭のブームもあるのでしょう。富貴蘭の歴史も古く、江戸時代中期頃にまでさかのぼることができます。花が美しく、香りのよいということから、古くから栽培され、愛好されてきました。高価だったことから、大名や将軍などの上級階級の人々でしか手に入れることが難しかった、この富貴蘭ですが、江戸時代末期頃には、だんだんと一般庶民にも愛好されるようになってきました。戦時中は存続が危ぶまれた富貴蘭ですが、百種程生き延びることができ、現在の富貴蘭につながっているのです。ただの山野草であった富貴蘭が人の手によって急成長したのですね。

富貴蘭 山野草

富貴蘭と山野草の関係

山野草とは何のことなのでしょうか。山野草とは、別名「山草」とも呼ばれますが、これは、国内の平地から高原に至る、野外に自生する植物のことです。これは、野生の植物ということになりますが、野生と言ってもバカにできません、十分に鑑賞価値のある植物として分類されます。しかし、一般的には山野草とは野生植物のみを表していますが、近年では国内外で品種改良され、人の手によって作られたものも出回っています。それはみなさんもご存知の富貴蘭。これも山野草の一種なのです。もともと富貴蘭とは、野生種のフウランから改良されていったものであり、そのフウランがまぎれもない、山野草の一種なのです。品種改良されていった富貴蘭のように、とても美しいものばかりなのです。1970年代ころから、エコロジーブームなど、自然への関心が深まっていく中、高山植物や野生植物を観賞の対象として栽培しようとする声が強まっていきました。こうして、どんどんと山野草のような植物に目が向くようになり、そして、人気も高まっていったのですね。最初の頃は山草が使われていましたが、後に野草が結びついたことで、山野草という名前が定着していったのです。

<<前の10件  .. 3 4 5 6 7  次の10件>>



Powered by Seesaa
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。