富貴蘭 通販

富貴蘭 「弁慶丸」


送料無料!! 富貴蘭 「弁慶丸」

Fenix Garden


詳しくはこちら

富貴蘭 満月

富貴蘭の満月は

富貴蘭の中でも、ゆるりとした姫葉でやや大型の「満月」という品種は、大変人気が高い富貴蘭の品種です。葉肉は厚くて、その真ん中にすーっと紺の通った「満月」は最高の富貴蘭です。
富貴蘭の品種で、「富貴殿」という品種がありますが、こちらも人気の高い品種です。ゆるりとした姫葉が「満月」と同じで、「富貴殿」と「満月」は夫婦品種といわれています。どちらも人気のある富貴蘭です。富貴蘭とはそもそも、フウランの変異品種のことなのですが、このフウランとは、野生蘭の一種であり、木に着生する蘭というのでも有名です。このフウランは風を好むことから、「風蘭」と呼ばれているようです。このフウランも美しい蘭ですね。そのフウランを変異させて、より一層芸を盛り込んでいるのが、この富貴蘭。人気の高さはその花、茎、葉の美しさ、そして甘いバニラのような香りからきているのではないでしょうか。
この「満月」や「富貴殿」のような富貴蘭を購入する際、たくさんの知識を身につけてから購入する方がよさそうです。育てやすいものから少し難しいものと、様々ですので、しっかりと勉強してみましょう。ちなみに「満月」については、小型で派手なものよりは、大型でガッチリしたものを選んだ方が後々よいとされています。若木から育ててみませんか。

富貴蘭 山野草

山野草の富貴蘭

日本国内の平地や高山などに自生する植物を「山野草」と呼びます。この山野草は、一般的に野生のものとして分類されていますが、近年ではこの山野草を人の手によって改良した植物が注目を集めています。その中でも「富貴蘭」が有名なところです。これは、現在は園芸用として、人々に愛されている植物ですが、野生の植物であるフウランとなんら変わりのない植物なのです。「富貴蘭」はこのフウランの変異品種として、次々に芸を持ち、改良を加えられてきた植物ですが、もとをたどれば「山野草」なのです。この山野草は近年のエコロジーブームで野生の植物を、と注目されてきていますが、野生に咲く花、植物などの方がキレイなのかもしれませんね。しかし、一方で、山野草を求めて山に入るという人が急増し、自然観察会でも、有名な植物を紹介するということが困難になってきたのです。山野草を無断でとることは、「花泥棒には罪がない」という言葉のとおり、悪気があって取っていくというわけではないために、山野草の存続が危ないと懸念されているのです。山間地では、山野草を販売する店も増え、山野草ブームが一言にいいことというわけでもないのです。自然を守るという気持ちも大事だということを広くアピールしていかなくてはなりません。

富貴蘭 販売

富貴蘭の販売について

数ある蘭の中でも人気の高い富貴蘭ですが、見たことも聞いたこともないという人も中にはいらっしゃるのではないでしょうか。
この富貴蘭とは、野性蘭であるフウランの変異品種で、「日本富貴蘭会」で富貴蘭である認められたものを富貴蘭といいます。この富貴蘭は園芸店などで販売されていますが、実際にはこれを取り扱っている園芸店は数少ないようです。しかし、近年ではインターネットでも販売していますので、わざわざ園芸店に行かなくても手に入れるチャンスはあるようです。
富貴蘭とは、古くから愛されてきた蘭であり、その歴史は江戸時代にまでさかのぼります。11代将軍徳川家斎もとても愛好したことでも有名です。その花姿は、芸術的で、芸を楽しむ観賞用として用いられます。とても魅力的な花、茎、葉は、圧巻です。しかし、それだけではなく、甘い香りを漂わせることでも有名な花です。白い花からはとても強い甘い香りが広がります。この香りをバニラのような香りと例える人が多いようです。確かに、バニラも蘭科の植物であるため、仲間の一種なんです。色んな楽しみ方のあるこの富貴蘭、販売しているところを見つけ、購入されてみてはいかがでしょうか。

富貴蘭 落札相場

富貴蘭の落札相場とは

富貴蘭の魅力にとりつかれ、富貴蘭を栽培してみたいと思っている方は少なくありません。その富貴蘭を、1円でも安く手に入れたいと思いませんか。ただでさえ、高価な富貴蘭ですが、いいものを安く手に入れるのは誰もが望むことなのではないでしょうか。
インターネットなどのオークションで富貴蘭をお探しの方。まずはほしい品種の落札相場を知ることからはじめましょう。何も知らないままに、入札して、あとから、他ではもっと安く手に入るものだったのに、と後悔してからでは遅いですよ。そもそも、オークションというのは出品者の人は1円でも高く売れることを願っていますし、落札者は1円でも安く購入することを願っています。そこで両者の行き違いがあるわけですから、よくよく落札相場を調べてみてからでも遅くはありません。富貴蘭の中でも人気の品種は、落札相場も高いものです。需要に見合った価格になるわけです。「満月」や「富貴殿」などの人気の品種はやはり、価格も高くなりがちです。落札相場を知らないで、その商品がほしいからと言って、相手と競り合いになったときに、引き際を見極めておくのも必要なことです。その時点で熱くなって高く買ってしまうということがないように気をつけましょう。

富貴蘭 鉢

富貴蘭 10鉢入り2万円均一



送料無料!!【店長おまかせでお楽しみ!!富貴蘭 10鉢入り2万円均一】


詳しくはこちら

富貴蘭 セット

富貴蘭をセットで

初めて富貴蘭を栽培を始めようという方は、まず、1株からはじめるのではなく、最低でも5株から始めてみてください。というのは、富貴蘭も生き物です。その生き物を育てているんだという意識を持ってもらうため、栽培に慣れてほしいのです。こんな風にしたら、富貴蘭はよく育つんだとか、こんなところに置いたらいいのか、とか、発見の数も違ってくるはずです。そして、花が咲いたとき、1株よりももっとたくさんあったほうが、喜びも大きいはずです。そうやって富貴蘭の魅力を知っていもらいたいのです。富貴蘭は高価な植物ですから、予算もたくさんあるに越したことはないのですが、安いものからはじめたいと考えている方は、富貴蘭セットという購入方法もあります。安いからと言って枯らしてしまってももったいなくないだとか、そんな風に考えるのは要注意です。安いものでも、こんなキレイに育てることができるんだという自信は、今後のアナタの植物栽培にも自信となっていくことでしょう。まずはセット購入で富貴蘭の栽培の魅力にはまってみるのも悪くありません。近年ではインターネットでも簡単に見つけることができますので、是非探してみてくださいね。

富貴蘭 鉢

富貴蘭用鉢

富貴蘭の栽培をする上で、適しているは、「素焼き鉢」「ラッパ鉢」「プラ鉢」「黒楽鉢」などが一般的でしょう。このほかにも富貴蘭用の鉢はまだまだたくさんあります。
培養するときに一番向いているのは「素焼き鉢」です。これは、乾きやすかったり、苔が生えたりで、多少難はありますが、適している鉢と言えます。大穴のもので、3号の大きさが使いやすいようです。これから富貴蘭の培養をしようとお考えの方にオススメです。
そして、「ラッパ鉢」ですが、こちらは「素焼き鉢」よりも背が高く、かわいらしい鉢です。見た目もよく栽培できることでしょう。
「プラ鉢」には2種類ありますが、まずは穴が多いタイプ。こちらはとても乾きやすいため、頻繁にメンテナンスが必要になりますが、富貴蘭の栽培にはよく用いられる鉢です。日陰の環境で育てる方には、とても向いている鉢だといえます。そして、もうひとつは穴が標準的なもの。こちらは中空植えで植えるときに使われる鉢です。「素焼き鉢」に比べて、乾きにくいという面があり、使いやすいと思います。
そして「黒楽鉢」も、基本的に中空植えに使用される鉢です。水持ちは普通。この鉢は黒色をしていますが、これに絵の入ったものを「綿鉢」といいます。

富貴蘭 紅

富貴蘭の紅系

富貴蘭の品種には、色んな種類があります。「亀金剛」や「法師」や「紅化粧」。これは有名なところを例に挙げたのですが、実はこの有名どころの3種(実際にはもっと多くの品種)が、韓国で生産された実生品だということをみなさんはご存知でしたか。調べてみると、有名な品種というのは、日本で生産されたものより、韓国で生産されたものの方が多いということがわかりました。もともと、富貴蘭のもとであるフウランは日本の野生蘭だったのですが、改良を加えているのは日本だけではないのです。オリジナル性の高いものが韓国で生産されているというのは驚きですね。しかし、考えようによっては、日本の富貴蘭の登録品種のコピーのようなものも多く、日本では大々的に発表を控えているだけで、次々に個性的な富貴蘭も生まれているのではないかという声もあります。しかしながら、そのような韓国で生産されたコピーが日本で広く流通することによって、日本の富貴蘭の下落にもつながるとして、問題視されているのも現実なのです。キレイな品種が次々に生まれていく一方で、問題点も山積みなのですね。キレイなものを求める生産者に悪気があるわけではありません。むしろいいことのようにも思います。難しい問題です。

富貴蘭 通販

富貴蘭を通販で購入する注意点

江戸時代から注目されてきた富貴蘭。この富貴蘭を通販で購入するポイントをいくつかおさえておきましょう。
富貴蘭といえば、野生蘭であるフウランの変異品種ですが、富貴蘭という名前をもらえるまでには、「日本富貴蘭会」で認められなければなりません。その時点で、厳しい審査を通ってきた富貴蘭ですが、見極めるのは、購入する本人、アナタなのです。
近年では、インターネットでの通販が盛んになっています。その方法で入手する場合には、まず、固体のスケッチとして色々と説明の書いてあるものを冷静に検証してください。
すべてが偽物というわけではありませんが、名のある実生に別の名をつけて販売していたり、縞もないのに堅状線と絣斑を指して縞だして販売しているものもまれに見られます。ですから、富貴蘭として売られていても、違ったものもあるかもしれないので、購入者であるアナタもそれなりの知識が必要になるわけです。
しかし、富貴蘭と言えば背丈の小さいことで有名ですが、何年も月日が経ち、背丈が伸びてきたりということもあるので、購入したそのときに結果がわかるというものでもなさそうです。
ですから、説明をよく読み、ある程度知識を養い、それからの購入をオススメします。

<<前の10件  .. 2 3 4 5 6..  次の10件>>



Powered by Seesaa
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。