富貴蘭 通販

送料無料!! 富貴蘭 天玉宝

送料無料!! <strong>富貴蘭</strong> 天玉宝送料無料!! 富貴蘭 天玉宝
1本立ての本性品!ボリューム感満点の品!間口8cm撮影日 2011/7/10
さらに詳しい情報はコチラ≫


[PR]

富貴蘭 山野草

富貴蘭 山野草

富貴蘭」と「山野草」。この2つをつなぐ共通点とはなんでしょう。山野草とは、日本国内の山奥などに自生する植物を表しています。別名「山草」とも呼ばれています。そして、富貴蘭とは、そんな山奥に自生しているフウランの仲間であること。つまり、富貴蘭は、山野草の進化した姿、ということになるのです。富貴蘭は古くから人々に愛好され、そして改良を加え、実に多くの品種を持つ園芸用の植物になっていったわけです。その花は白く美しく、茎は厚くたくましく、そして香りは甘いという植物なのですが、それはフウランも同じこと。住む環境が多少異なるというだけで、富貴蘭は野生の山野草であるフウランとなんら変わりがないのです。
山野草は野生のものだけというわけでもなく、最近では市場に出回っていることも多いのです。その姿の美しさに、野生のものだけにしておくのはもったいないという考えからなのでしょうか。色んな人が目にできるという利点があるのは確かですが、あまり流通しすぎると、完全に野生である山野草が絶滅してしまいかねません。そんなリスクがあるのが現実ですが、そんなに美しいものならば、観賞してみたいと思うのが人間のさがなのかもしれませんね。

富貴樹(ふうきじゅ)の通販サイト

富貴蘭 セット

富貴蘭 セット

富貴蘭セットには、初心者向けの入門セットというものなどがありますが、上級者向けにもセットでの販売はあります。まるで福袋のようなセットもありますし、品種も何もかもわかった上でのセットもあります。福袋のようなセットだと、どんな品種が入っているかわからないドキドキ感を味わえたり、普通に買うよりも安く手に入れることができるという場合もありますが、すでに持っている品種が届くと、ちょっとガッカリしてしまいますよね。
品種がわかった上でのセットの購入は、その点では、ガッカリはしません。ほしい品種をセットで買うことができたら、それこそお得なのかもしれません。普通に購入するよりもセットで買ったほうが断然お得です。近年では、インターネットの普及により、色んな情報が簡単に見られます。セット探しも楽にできるかと思います。オークションでもセットでの販売があるくらいですから、まずは落札の相場を確認した上で、お得な買い物ができるように調べてみましょう。
富貴蘭を栽培するという楽しみ、成長を見守るということは、素晴らしいことのように思います。花が咲き、香りを放つのを待つのも楽しみですよね。たくさんの富貴蘭に囲まれた生活もいいのもです。

富貴蘭 育て方

富貴蘭 育て方

富貴蘭育て方には、気をつけなければならない点がいくつかあります。これを守れば初心者でも育てることのできる植物ですよ。ご自宅のベランダで園芸を楽しんでみてはいかがでしょうか。
富貴蘭の育て方について、もっとも重要なことは、水をやりすぎないということでしょうか。乾いたら水をやる、という程度でいいのです。忙しい人でもできそうですよね。多湿を好まない富貴蘭は乾いた環境下でも立派にたくましく育つのです。日にも適度に当てれば問題ありません。あまり日にあてすぎると、葉や根が日焼けしてしまい、水分を吸収しずらくなり、枯れてしまう原因となるのです。ですからご自宅が日当たりのあまりよくない環境でも大丈夫です。富貴蘭は無事に育ってくれます。冬の厳しい地域であっても、凍らない程度の室温で育てることができます。凍ってしまうと、これもまた枯れてしまう原因となってしまいますので注意が必要です。鉢はまず、素焼き鉢を使用しましょう。風通しも乾き具合も丁度よく栽培できます。綿鉢など、きれいなものにしたいとなっても、少し慣れてからにしましょう。肥料もそんなにも必要ありません。これらに気をつけてベランダ園芸をはじめてみましょう。

富貴蘭 紅

富貴蘭 紅

江戸時代から現在に至るまで愛好されてきた富貴蘭ですが、その長い月日の間にも、たくさんの品種改良がなされ、新しい富貴蘭は次から次へと生まれてきました。江戸時代から愛好されてきた富貴蘭はどのようなものだったのでしょう。今、一番人気のある品種の富貴蘭とはなんなのでしょう。高価な蘭ですから、そう簡単には手が出せないという時代ではありません。安く手に入るものもありますよ。男性でも女性でも楽しむことはできます。近年では若い人の間でも富貴蘭は注目されてきています。園芸はお年寄りがするものというイメージを持っている人も多いのではないでしょうか。そんなことはありません。今では若い人も富貴蘭の園芸を楽しむ時代なのです。
個人的に若い女性には、系の富貴蘭が向いているのではないかと思います。紅系の品種は、花も紅色で、可憐なイメージです。育てていても飽きのこないものなのではないでしょうか。最近では園芸店に行かなくても、インターネットのオークションなどで富貴蘭が手に入る時代です。そして、ムリなく育てることのできる植物です。仕事から帰ってきて可憐で美しい富貴蘭が出迎えてくれると癒されること間違いありません。富貴蘭の魅力にはまってみるのもよいでしょう。

富貴蘭 落札相場

富貴蘭 落札相場

人気の有無によって落札相場が違ってくる富貴蘭のインターネットオークション。安く手に入れるには、落札相場が重要な鍵になってくるわけです。インターネットのオークションは、購入する側が一番高い値をつけた場合に落札となります。そのとき、オークション開始の金額は売る側が決めるものです。落札の相場を知らないでほしいと思ったからということだけで入札してしまうと、落札相場と関係ない金額になってしまうということもありえてしまいます。
富貴蘭はもともと高価なものです。品種も実にたくさんの種類があります。同じ品種だとしても、葉や茎、花の程度によっても価格は大きく変動してきます。なので、落札相場を知ることとともに、内容の欄をしっかりと確認しましょう。中には悪質な出品者もいます。富貴蘭に似せているだけの植物という可能性もありますし、説明不足によって、売る側、買う側のイメージの相違はよくあることです。ですから、まずは、いいのもを見極めるという知識も持ちましょう。その上でインターネットオークションで購入してみてください。必要以上に安く購入できてしまう場合もあやしいと思った方がいいでしょう。そのためには落札相場の勉強をはじめましょう。

富貴蘭 鉢

富貴蘭 鉢

富貴蘭を栽培するのに使うは、たくさんの種類があります。しかし、もともと、富貴蘭というのは着生種のフウランの変異品種として生まれたものなので、木に着生しているフウランのように木付けや石付けにして楽しむ方法もあります。しかし、やはり一般的なのは鉢に植えるというやり方でしょう。その鉢も進化しつつあります。もともと黒いだけの鉢で「黒楽鉢」という鉢がありましたが、その鉢に絵が入ったものを「綿鉢」といいます。この「綿鉢」は、もう芸術作品ですね。価格はピンきりですが、普通に使われている「素焼き鉢」や「プラ鉢」とは、ケタが違います。富貴蘭そのものだけを楽しむのではなく、鉢といったいとなった富貴蘭を楽しむ、というのも醍醐味のひとつなのかもしれません。ただでさえ高価な富貴蘭ですが、鉢にもこだわってしまうとは、通ですね。安いもので4,000円弱で購入できますが、これもやはり、個人個人の趣味ですから、自分が好きなもの、また、その富貴蘭の姿によくあったものを選んでみてください。子供にかわいい服を着せてあげる、選んであげる、といった感じではないでしょうか。高価だからいいというわけではありません。自分の富貴蘭に似合ったものを選ぶというのも楽しみのひとつですよ。

富貴蘭 満月

富貴蘭 満月

園芸好きの方に「満月」という言葉を聞かせると、「富貴蘭の満月」と思う方はたくさんいらっしゃるのではないでしょうか。富貴蘭には沢山の種類の品種がありますが、その「満月」というのは、とても人気もあり、有名な品種なのです。
「満月」のほかにも素晴らしい品種はまだまだたくさんあります。その富貴蘭の品種として認められるには「日本富貴蘭会」の審査に通らなければなりません。その審査には、他に同じ芸を持つ植物がないことや、花・茎・葉の細部に至るまで、厳しい審査があるのです。
そのようにして、審査を通ってきた富貴蘭が美しくないわけがありません。今も昔も、根強い人気を博している富貴蘭ですが、やはり、蘭といえば高価なものです。購入するにも、ためらってしまうような価格のものが多いものです。しかし、その高価という価値は十分にあるはずです。「満月」のように今も衰えない人気のある富貴蘭は高価なものが多いのですが、ブームが去ったような富貴蘭はかわらず美しいにも関わらず、人気が落ちてきたためという理由で低価格で手に入れることもできるのです。そんなのが初心者の方にはオススメです。まずは、富貴蘭の魅力にはまってみるのも悪くありませんよ。

富貴蘭 販売

富貴蘭の販売方法

富貴蘭販売方法は、江戸時代にさかのぼります。この頃、富貴蘭の販売の価格を決めていたのは、葉1枚あたり幾らというような決め方でした。例えば、葉1枚5両と決めていたのなら、富貴蘭の標準割り子である5枚葉で計算すると、この富貴蘭の販売価格は25両というようになります。この頃の庶民にはとても手の出せる販売価格ではありませんでしたが、戦後の日本で、少しずつ余裕のでてきた時代に、一般庶民も園芸として、この富貴蘭を楽しむようになっていったとされています。昔から人気の高い富貴蘭ですが、高価というイメージは今も昔も変わらないのではないでしょうか。
この頃に販売方法として用いられていた葉1枚幾らという代価の計算方法ですが、近年になっても受け継がれているようです。それは1980年頃まで富貴蘭の代価の算出方法として用いられていました。
葉の枚数と言っても、富貴蘭は基本的には5枚葉を標準苗木としていますので、現在の販売ではもっとわかりやすく、標準割り子単位の価格設定となっています。しかし、標準木といっても、柄や木製、根の状態、柄の程度によって販売価格の変化は否めません。幅広い値段がつくのはそこなのですね。

富貴蘭 通販

富貴蘭を通販で購入するには

富貴蘭をインターネットのオークションなどの通販で購入するには、注意が必要です。「富貴蘭と言えば高価なものだ」というイメージがつよいために、インターネットオークションでの通販を悪用した出品者が出てきています。実物を見て確認できないことから、ごまかしがきくために、販売する側は、工夫を重ね、売るために少しのセールスポイントをアピールしていますから、それを購入する側の人が良いところを拾い上げすぎて、勝手に想像をふくらまし、得したと思っていても、実際に届いたものを見てみると、違う!と思うこともあります。通販といっても、柄性だとか姿が美しいものは、やはり「高価な富貴蘭」ですから、それなりの金額はします。ですから、購入をあせってしまうよりは、冷静に、自分の予算内で選ぶということを心がけてください。しかし、安ければいいというものでもないので、長い目で見ると、手堅い人から富貴蘭を入手するのが一番のように思います。信頼関係が一番です。代金相応のリスクを心がけておくことが大事です。そのためにも、まずはアナタ自身の富貴蘭への知識を持っておくことが大事といえます。ある程度の知識があれば、見極めるにも重要な鍵になってくるでしょう。

<<前の10件  1 2 3 4 5..  次の10件>>



Powered by Seesaa
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。