富貴蘭 販売

富貴蘭 長生蘭用 吊枠 12個掛け 2.5-3.0号用 植木鉢 鉢 蘭 らん ラン 富貴蘭 長生蘭 園芸 【あす楽対応_関東】

富貴蘭 長生蘭用 吊枠 12個掛け 2.5-3.0号用 植木鉢 鉢 蘭 らん ラン 富貴蘭 長生蘭 園芸 【あす楽対応_関東】富貴蘭 長生蘭用 吊枠 12個掛け 2.5-3.0号用 植木鉢 鉢 蘭 らん ラン 富貴蘭 長生蘭 園芸 【あす楽対応_関東】
富貴蘭用の吊り掛け枠、12個掛けです。材質は鉄に3価クロームをしていますので、錆びにくく、かなり丈夫に作られています。連結して2段、3段とつなげられます。枠の位置を上下に調整出ます。吊部分はくるくる(風で)回ります。サイズは組み立て時(写真の状態で)47cm(高さ)x35cm(横)です。掛ける輪の大きさの内径は7cmです。(輪の大きさは多少自分で調整出来ます)
さらに詳しい情報はコチラ≫


[PR]

富貴蘭 販売

富貴蘭の販売方法

富貴蘭販売方法は、江戸時代にさかのぼります。この頃、富貴蘭の販売の価格を決めていたのは、葉1枚あたり幾らというような決め方でした。例えば、葉1枚5両と決めていたのなら、富貴蘭の標準割り子である5枚葉で計算すると、この富貴蘭の販売価格は25両というようになります。この頃の庶民にはとても手の出せる販売価格ではありませんでしたが、戦後の日本で、少しずつ余裕のでてきた時代に、一般庶民も園芸として、この富貴蘭を楽しむようになっていったとされています。昔から人気の高い富貴蘭ですが、高価というイメージは今も昔も変わらないのではないでしょうか。
この頃に販売方法として用いられていた葉1枚幾らという代価の計算方法ですが、近年になっても受け継がれているようです。それは1980年頃まで富貴蘭の代価の算出方法として用いられていました。
葉の枚数と言っても、富貴蘭は基本的には5枚葉を標準苗木としていますので、現在の販売ではもっとわかりやすく、標準割り子単位の価格設定となっています。しかし、標準木といっても、柄や木製、根の状態、柄の程度によって販売価格の変化は否めません。幅広い値段がつくのはそこなのですね。

富貴蘭 販売

古くからの富貴蘭の販売

現代においても、とても人気の高い蘭である富貴蘭。この富貴蘭は、さかのぼること江戸時代から人気は博していたとされています。
富貴蘭はフウランの変異品種なのですが、今もなお改良がすすめられ、新しい品種がうまれていますが、江戸時代からあったというのは驚きです。しかも、形もこの時代には完成していたのいうのですからこれもまた驚きです。
この富貴蘭ですが、近年でも高価な花とされていますが、江戸時代当時も高価であったようです。
その販売の方法は、葉1枚につき幾らというような代価を算出していたようです。葉1枚当たり五両なら、この富貴蘭の標準割り子で5枚葉が基本とされていますから、販売価格は25両ということになります。このように高価な蘭は、とてもとても庶民の手の届く価格ではありませんでした。この富貴蘭の風流さも、庶民にはとても味わえるようなものではありませんでした。ではどんな人々がそんな販売価格で購入していたのかと言うと、やはり、大名のような上流階級の人々だったのです。この当時の将軍、徳川家斎が愛好していたというのが有名な話です。
庶民でも手を出せるようになってきたのは、戦後、富の配分が行われてきて、余裕の出てきた時代になります。

富貴蘭 販売

富貴蘭の販売について

数ある蘭の中でも人気の高い富貴蘭ですが、見たことも聞いたこともないという人も中にはいらっしゃるのではないでしょうか。
この富貴蘭とは、野性蘭であるフウランの変異品種で、「日本富貴蘭会」で富貴蘭である認められたものを富貴蘭といいます。この富貴蘭は園芸店などで販売されていますが、実際にはこれを取り扱っている園芸店は数少ないようです。しかし、近年ではインターネットでも販売していますので、わざわざ園芸店に行かなくても手に入れるチャンスはあるようです。
富貴蘭とは、古くから愛されてきた蘭であり、その歴史は江戸時代にまでさかのぼります。11代将軍徳川家斎もとても愛好したことでも有名です。その花姿は、芸術的で、芸を楽しむ観賞用として用いられます。とても魅力的な花、茎、葉は、圧巻です。しかし、それだけではなく、甘い香りを漂わせることでも有名な花です。白い花からはとても強い甘い香りが広がります。この香りをバニラのような香りと例える人が多いようです。確かに、バニラも蘭科の植物であるため、仲間の一種なんです。色んな楽しみ方のあるこの富貴蘭、販売しているところを見つけ、購入されてみてはいかがでしょうか。

富貴蘭 販売

富貴蘭販売の価格

富貴蘭は人気のある植物なので、その販売の価格も高価になってしまいがちです。富貴蘭と一言に言っても、色んな品種があり、人気もまた違ってきます。多くの品種は人気と需給に左右される相場制の高い園芸なのです。富貴蘭の販売の価格は人気に左右されるわけですから、不変ではないのです。値段だけにとらわれてしまうと価格の変動によって一喜一憂することもあるし、そのことで富貴蘭という原点を見失ってしまうことにもつながってくるわけです。
様々な品種の富貴蘭が次々に生まれ、人気が上がっては落ちてゆくという富貴蘭もありますが、中には昔からの人気を保ち、現在に至っても大変根強い人気を維持しているという品種もあります。
人気がなくなったからといって、その富貴蘭自体の価値が下がるというわけではありません。むしろ、販売の価格も安くなり、逆に言えば手に入れるチャンスなのかもしれません。富貴蘭の芸を楽しむのは自分自身なわけですから、自分が気に入ったものがすべてなのです。バニラのような甘い香り、そして、それぞれ違った芸を持つ富貴蘭。この富貴蘭を手に入れるのも、そう難しいことではありません。自分好みの富貴蘭を探してみましょう。

富貴蘭 販売

富貴蘭の販売

富貴蘭とは、数ある日本蘭の一種で、木に着生する蘭のフウランの変異品種のことです。この富貴蘭が富貴蘭として認められるまでには、厳しい審査もあります。その富貴蘭は、「日本富貴蘭会」で審査されます。そもそも、富貴蘭の由来は、さかのぼること江戸時代、11代将軍徳川家斎が愛好していた蘭で、その当時から、この蘭は高価なものでした。高貴な人々に愛された蘭だから富貴蘭。納得のいく由来です。富貴蘭は主に園芸店などで販売されていますが、固体変異に対する強い好奇心から、斑入りなどの変わり植物が愛されるようになり、フウランの変異種である富貴蘭などの変わり植物は高価にて取引きされたので、“お金の成る延喜の良い植物”となり、そのことから、延喜草とも言われ、いまだにその文化的な伝統が受け継がれているのです。
富貴蘭は高価だというイメージが強いのですが、低価格でお手ごろな富貴蘭も中にはあります。販売している園芸店に問い合わせてみてもいいですし、販売している園芸店に直接足を運び、そして直接目で見てみるのもいいかもしれません。自分好みの富貴蘭との出会いがあるかもしれません。ただ、富貴蘭を取り扱っている販売店は少ないというのが実情のようです。


Powered by Seesaa
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。