富貴蘭の魅力! > 富貴蘭 フウラン > 富貴蘭 フウラン

富貴蘭 フウラン

富貴蘭 フウラン

ここでは、野性蘭である“フウラン”の変異品種である、富貴蘭についてご紹介したいと思います。
このフウランの変異品種、富貴蘭は、さかのぼること江戸時代、そのときの11代将軍徳川家斎がこよなく愛したとされる蘭として、有名な花なのです。この富貴蘭は、このようなお殿様と呼ばれるようなお金持ち、つまり今で言うセレブのような人しか愛好できないほどの高価な蘭でもあって、そのことから“富貴な人”が愛好する蘭というイメージになっているわけです。
みなさんも知ってのとおり、現代では、“蘭は高価”というイメージはここからきているのです。なぜか蘭という花は高価であるという印象がついていますが、とてもハイカラでキレイな花を咲かせる蘭はこの“高価”というイメージがピッタリなのかもしれません。
洋蘭についても同じことのようです。廃仏棄釈の時代にハイカラな花として、人々にもてはやされた蘭なのですが、これも一部上流階級の人にしか入手栽培できないような高価なものでした。このことからも、蘭というのは全体的に“高価”という印象を持つ風潮があるようです。蘭を愛好するのはお金持ちのシンボルと言っても過言ではないのかもしれません。

<<富貴蘭 フウランについて | 富貴蘭の魅力!トップへ | 富貴蘭 フウラン>>

この記事へのコメント

コメントを書く

お名前
メールアドレス
URL
コメント
認証コード
[必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック



Powered by Seesaa
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。